インプラントやホワイトニングで歯を綺麗にしよう

歯科

比較的新しい治療法

歯みがき

歯を失ってしまった場合、これまで行なわれてきた治療法は入れ歯やブリッジという方法でした。しかし、これらの治療法では、見た目は元のように戻ったように見えても、機能としては、天然歯と比べて劣るというデメリットがありました。また、それだけではなく、健康な歯を傷つけてしまうため、周囲の歯の寿命を縮めてしまうとも言われていました。そこで、近年広く行なわれておるのが、インプラント治療と呼ばれるものです。これは、人工の歯根を顎の骨に埋め込み、その上から歯冠を被せることにより、見た目・機能を天然の歯に近づけることが出来るという治療法です。インプラント治療は他の歯を傷付けることはありませんので、安心して治療を受けることが出来ます。

インプラント治療には大きく2つの方法があります。まず、1回法と呼ばれる方法です。これは、人工歯根を顎の骨に埋め込む手術を行なった際に人工歯根の一部もしくは部品が粘膜の上を露出させるという方法です。一定期間経過後に、歯冠の作成を行ない、取り付けます。一方の2回法は、人工歯根を顎の骨に埋め込んだ後、その上を粘膜で覆った状態で数カ月後に粘膜を切開し、歯冠と作成、取り付けを行なうという方法です。人工歯根が顎の骨に結合するためには、一定期間が必要となりますが、この期間は骨の状態に左右されるということもあり、個人差があります。そのため、歯冠を取り付けるまでの期間、インプラント治療が終了する期間には個人差があると言っても良いでしょう。